さくらドメインのゾーン編集で2つのサーバー(サブドメイン)で利用する場合

さくらドメインのゾーン編集で2つのサーバー(サブドメイン)で利用する場合

今回ネットショップ構築サービスのショップサーブのサイトをリニューアルする制作案件のサイトのドメイン設定がややこしかったので、ブログにメモしておきます。

やりたいことは、元々 https://www.example.com  はショップサーブを使用したネットショップとして運営していたものを

www.example.com  このドメインはWordPressで構築しなおし、サーバーはエックスサーバーを利用し、

サブドメインを新規で追加し https://cart.example.com をショップサーブのカートを表示するように変更しようと思います。

まずは、ドメインをショップサーブからさくらドメインにドメイン移管をしました。

ドメイン管理会社

さくらインターネットのさくらドメインでゾーン編集設定をする

サーバー

エックスサーバー

ネットショップ構築サービス

ショップサーブ
sps.estore.jp/

これが結構面倒くさく下記のショップサーブのネームサーバーをサブドメインに割り振るのですが、
さくらドメインでDNS設定をしたことがなく、ショップサーブは下記のネームサーバーのみでAレコードは非推奨(告知なく変更するためとのこと)

ショップサーブのネームサーバー

shns1.estore.co.jp
shns2.estore.co.jp
shns3.estore.co.jp
shns4.estore.co.jp

参考:独自ドメインを移転する方法  https://help.shopserve.jp/manual/046/

example.com のネームサーバーは元々のさくらの下記さくらインターネットを設定してます。
ネームサーバ1 NS1.DNS.NE.JP
ネームサーバ2 NS2.DNS.NE.JP

■ サブドメインをエックスサーバーで作成しました(cart.example.com)
※ エックスサーバーは仕様上DNSでIPアドレスは設定できるがネームサーバー設定できないため(ショップサーブは仕様上IPアドレスは設定できない)

エックスサーバーのDNSレコード追加画面

エックスサーバーでDNDレコードを設定しようと思いましが・・・結果できなく

エックスサーバーのDNSレコード追加画面

Image from Gyazo
ちなみにこのようにエックスサーバーは仕様上DNSレコードでNSレコードは設定できないです・・・

■ そこで、ゾーン設定を下記のように設定しました

ネームサーバとゾーンの管理画面

注意点は、今後、このドメインでサブドメインを設定する場合があればその追加するサブドメインもさくらドメインに追加する必要があります。

最後に

ショップサーブの仕様も90年代のネットショップ構築サービスのようで今どき嘘でしょ!ということも多く
フローもホントひたすら面倒くさかったです・・・(^_^;)





Return Top