スポンサードリンク

無料のヒートマップ紹介〜サイト上のユーザーの動きを可視化できる

無料のヒートマップ紹介〜サイト上のユーザーの動きを可視化できる

こんにちは、伊藤みゆきです。

ヒートマップとは、TVなどでよく体温を数字だけではなく、視聴者に見えるように

体温が高いと赤い、低いと青くなるような、サーモグラフィーのような画像や

グラフや表などで下記の内容を可視化(ビジュアライズ)しサイト改善をするためのサービスのことです。

ホームページに訪れたユーザーやお客様見込みの方が、

● どの部分をよく見て(読んで)いるのか、

● どの部分をクリックしているのか、

● マウスはどのよう動いているのか、

などです。

それらのデータから サイトの改善をしていきます。

例えば、

サイトに来たユーザーが、サイト運営者が想定していない動きをする場合もあります。

本来、見て欲しいページを見てくれていない場合は、そのページヘの誘導が弱い(わかりにくい)

アクセス数としては、「1」となっていても

(1)ページを表示してすぐに閉じるボタンや戻るボタンでサイトから去っていった

(2)1ページをじっくりと見ている

この2件のユーザーの動きも同じ1アクセスなんですよね。

 

ヒートマップの前にまずは、アクセス解析ですが

無料で使えるヒートマップを紹介したいと思います。

 

 

User Heat(ユーザーヒート)

日本語のヒートマップで、登録も設置も簡単です。

こちらは、ヒートマップの結果がサイトにの訪れるユーザーにも公開されます。

http://userheat.com/

Pt engine(Ptエンジン)

パソコンだけでなく、スマホやタブレット端末などのマルチデバイス対応のヒートマップ型アクセス解析ツールです。

こちらも無料から利用可能です。

http://www.ptengine.jp/

Heat Click(ヒートクリック)

国内のヒートマップツールですが、こちらは月額3000円からの有料サービスになります。

http://heatclick.jp/

ClickHeat(クリックヒート)

海外のヒートマップ型のアクセス解析ツールで、計測したいサイトが入っているサーバに導入して

無料で利用できます。※ 動作環境(PHP・GD2)

http://www.labsmedia.com/clickheat/index.html

可視化(ビジュアライズ)は、変わりやすく、スタッフ間との共有にもなる便利なツールですね〜

他にもありますが、無料〜お手頃な一部有料サービスを紹介しました。

また、他のサービスがありましたら追加しますね。

ではでは^^


スポンサードリンク
Return Top