スポンサードリンク

安くて簡単な越境EC・海外向けのネットショップ開設、構築サービスまとめ

安くて簡単な越境EC・海外向けのネットショップ開設、構築サービスまとめ

皆さん こんにちは、

こちらでネット起業アドバイザーやってます伊藤みゆきです。

以前紹介していた安価な海外向けネットショップ開設サービスが無料ですべての

機能が使えるようになりましたので 再度記事を更新しました。

最近日本から海外へ販売するネットショップを開設したいという相談が増えてきています。

言葉としては「越境EC Electronic Commerce(エレクトロニック・コマース)」で有名ですね。

「越境ECとはなんですか?」と質問されることもありますが、

上述の通り、日本から海外へ販売するネットショップ・EC事業のことです。

日本から日本人向けのネットショップは、たくさんありライバルも多く

今から後発でネットショップを開設するには、難しく考える方も多くいらっしゃいます。

日本にはいい商材が本当にたくさんあり、それを海外の方に販売するのは

まだまだプレイヤーが少ないため これから参入するには面白いと思います。

東京オリンピックもありますしね(^_^)

私自身も、地元の三重県の四日市でペット用品のネットショップをしていた2002年位から

テスト的に、海外のオークションサイトのeBay(イーベイ)で販売をしていました。

同時に、Yahoo!.com のオークションでも販売をしました。

最初は、一般のユーザー向け(B2C)だと思い販売しましたが

途中から「仕入れたい」と問い合わせが多かったため

ショップ向けの販売(B2B)も始めました。

カナダ、台湾のドッグカフェやペットサロンをされているショップへ卸販売し

個人さんは、アメリカ、オーストラリア等からも注文は入りましたが

口コミで広がった香港のお客様が約8割で毎日注文がありました。

毎日、日本のお客様への配送作業が終わってから一休みして近くの郵便局へ持って行っていました。

 無料の海外向けのネットショップ開設サービスの紹介

http://ja.jugemcart.com/

ある程度海外でも売れるため、英語版のネットショップを開設しようとショッピングカートを探すのですが

当時は管理画面が日本語で海外向けのネットショップサービスでお手頃なものはなく

仕方ないので、海外のネットショップさんが使っている 英語のショッピングカートを借りました。

管理画面も英語なので、英語苦手な私としては、かなり格闘しました(笑)

 

ただ、海外のサービスは月額利用料が安く 機能も日本のサービスよりもよく(独自アフィリエイト機能もありました)

当時使用していたショッピングカートは月額15ドルでした。

ドメインは年間9ドルでしたので 月額運営費もとても安かったです。

 

最近 開設された無料の外向けネットショップ構築サービスがとても簡単でいいな~と思いました。

ブログで有名な「ジュゲム」を運営している会社さんのサービスです。

管理画面が簡単なのがいいんですよね。しかもいつの間にか無料で使えます!!

海外向けネットショップ開設サービスです。

月額費用も無料でで世界に販売を始められます。

(売れた場合の決済手数料は必要です)

 

「Jugem Cart(ジュゲムカート)」は

無料ではじめられる海外向けネットショップ作成サービスです。

ネットショップ開業に必要な基本機能に加え、

商品を無制限に追加できる大きな容量(5GB)、

30種類以上のデザインテンプレートなど全て無料。

国内最大の利用店舗数「カラーミーショップ」との在庫連携機能も

装備されているため、国内・国外のショップを併用して運営することもできます。

ある程度ホームページが作れる方や器用な方は

海外向けで無料で使える「‎osCommerce(オーエスコマース)」をオススメしていましたが

最近は他にも、オープンソースの(無料で利用できる)ショッピングカートがあるので

それはまた別の機会に紹介しますね。

ただ、SSLの導入など今情報の漏洩、外部からの攻撃も最近増えていますので

社内にSE等、詳しい方がいらっしゃらない場合はオススメできませんので

専用の海外向けのネットショップ構築サービスを利用された方がいいですよ。

その他の高機能な海外向けサービス

あと、他にも英語だけでなく、中国語といった多言語、複数通貨での決済可能な

月額7,350円からの大規模ECサイト構築パッケージ「Uptempo」

http://up-tempo.net/

・多店舗運営に強く
・英語以外でも多言語による海外向けECサイト構築が可能
・音楽、動画、e-bookなど電子ファイルのダウンロード販売も可能
・モバイルECサイト、SEOも対応可能です

参考サイト:海外向けネットショップ開設の教科書


スポンサードリンク
Return Top