起業アイデアのネタ・WEB活用の伊藤みゆきブログ


スポンサードリンク

小学6年のイチローの作文~夢を叶える人とそうでない人の違い

小学6年のイチローの作文~夢を叶える人とそうでない人の違い

 

こんにちは、イトウです(^ω^)

以前、セミナーに参加して、その中で

イチロー選手の小学校6年生の作文を読んで

本当に、イチローは小学生の時からすでになるべくしてなったんだな~と思いました。

ちなみに、今日ちょっとブログ記事のタイトルを変更してみました。

「小学6年のイチローの作文~夢を叶える人とそうでない人との違い」
から
「小学6年のイチローの作文~夢を叶える人とそうでない人の違い」に、1文字減らしてみました。

「あなたの夢は?」と聞かれて、具体的に言えない私にとっては

夢を叶える人とそうでない人との違いを痛感しました・・・

 

WEB系はビジネスとして何をしても良い反面、自由すぎて方向を見失います(^_^;)

う~ん、今年のお正月休みでちゃんと方向性を決めないといけないです。

イチローかっこ良すぎます

イチローの作文です(小学校6年生)

僕の夢は一流のプロ野球選手になることです。

そのためには、中学、高校と全国大会にでて活躍しなければなりません。

活躍できるようになるためには練習が必要です。

僕は3才の時から練習を始めています。

3才から7才までは半年くらいやっていましたが、3年生の時から今までは、365日中360日は、激しい練習をしています。

だから1週間中で友達と遊べる時間は5~6時間です。

そんなに練習をやっているのだから、必ずプロ野球選手になれると思います。

 

そして中学、高校と活躍して高校を卒業してからプロ野球選手になれると思います。

そしてその球団は、中日ドラゴンズか、西部ライオンズです。

ドラフト入団で、契約金は、1億円以上が目標です。

 

僕が自信のあるのが投手か打撃です。

去年の夏、僕たちは全国大会にいきました。

そして、ほとんどの投手を見てきましたが、自分が大会ナンバーワン選手と確信でき、打撃では県大会4試合のうちホームランを3本打ちました。

そして、全体を通した打率は、5割8分3厘でした。

このように自分でも納得のいく成績でした。

そして僕たちは1年間負け知らずで野球ができました。

だから、この調子でこれからも頑張ります。

 

そして、僕が一流選手になって試合に出られるようになったら、お世話になった人に招待状を配って応援してもらうのも夢の一つです。

とにかく一番大きな夢はプロ野球選手になることです。

 

う~ん、本当にすごいです!

自分が書いた小学生の時の作文は、正直何一つ覚えてません(^_^;)

ちなみに、14才年下の弟の小学1年生の時の作文は、

「将来の夢は、サッカーボールになることです。なぜかというと、毎日サッカーができるからです!」というものでした(笑)

 

イチローの作文フォーマットを自分自身に当てはめるだけでも

自分の気づきと指針になるため 他の方も作っていたので

私もイチロー作文フォーマットを作ってみました。

イチローの作文から、私も夢に向かってちゃんと動いていこうと思いました。

この通りできれば、絶対に夢がかないますよね~ホント。。。

 

 

イチローの作文フォーマット

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私の夢は、_________________になることです。

そのためには、これから_________________で活躍しなければなりません。

活躍できるようになるためには、練習が必要です。

私は、____才の時から練習を始めています。

____才から去年までは1年に______日くらいやっていましたが、

この1年は、365日中、______日は激しい練習をやりました。

だから、1週間中でプライベートの時間は、____時間です。

そんなに練習をやっているのだから、必ず_________________になれると思います。

そして、__________________で活躍してから夢を叶えると思います。

そして希望の活躍する場所は、___________もしくは、___________です。

初年度の目標(金額)は_______________です。

私が自信があるのは、____________か______________です。

去年、私は実際に_________________を経験しました。

そしてほとんどの_______________を見てきましたが、

自分がその分野でナンバーワンだと確信でき、

__________________の分野では、_______________という実績を作りました。

そして、全体を通した_________________は_______________という結果ができました。

このように、自分でも納得のいく結果でした。

そして私は1年間、負け知らずで___________________ができました。

だから、この調子でこれからもがんばります。

そして、私が一流の__________________になったら、

お世話になった人に_________________________してもらうのも夢の一つです。

とにかく一番大きな夢は_____________________になることです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

来年からではなく、今からスタートしないとね(^ω^)

集中力は仕事でも勉強でもすべてにおいて必要不可欠です。
この本の中で少し気になった点をピックアップしておきますね。

・何事も本番は準備の確認に過ぎない、そのため地味で楽しくなくても準備を完璧にする
・自分の感覚をトレーニングする
・結果ではなく自分の内側の感覚に目をやる
・ピンチを楽しむことでプレッシャーこそ勝負の世界の醍醐味である
・目標は明確にして、小刻みに、公開することで今の自分の位置を見えるようにする
・目標に対して、出来ないかもしれないと迷いがでてもあえてやる、続ける
・自分がコントロールできるものだけに集中する、自分ではコントロールできないものは排除する


スポンサードリンク
Return Top