スポンサードリンク

iPad・iPhoneをPCのサブディスプレイにする日本語対応アプリで作業効率アップ!おすすめです

iPad・iPhoneをPCのサブディスプレイにする日本語対応アプリで作業効率アップ!おすすめです

3年位前に、無料と安めのiPad用・iPhone用のデュアルディスプレイ・サブディスプレイにするアプリを

いくつか入れて設定してみましたが、英語でわかりにくかったり

動きが「カクカク」だし、「5回まで無料」とか

画面に無理やり「広告が挿入」されていて、正直使えませんでした。

今日ちょうど、地元の四日市のコワーキングスペースにおじゃまして

モニターあれば借りようと思いましたが なかったので

あれからかなり時が過ぎて、技術も安定したかなと思って

iPad用のサブディスプレイアプリを入れてみました。

(iPhoneでも使えますが、今はドラクエ携帯でAndroidなので試していません・・)

普通に使えるし、私はiPad mini のため、カフェでも十分使えるサイズで

とてもおすすめですよ。日本語対応も助かります。

モニターが2つあると、メールを打ちながら、もう一つのモニターで

ウェブを表示させることも可能です。

iPhoneもノートパソコンのサブディスプレイとして使えるのでいいですね。

今回入れたiPadをサブディスプレイにするアプリ

前回の無料アプリで時間を取られてうまく動かなかったので

今回は、有料でいいのでちゃんと動くものを探しました。

Duet Display

b2bb933dc1014ac1b105fda553b92370

アプリ紹介

iPadやiPhoneを追加ディスプレイとして使用することが可能になります。
Apple出身のエンジニアチームにより開発されたduetは遅延のない、
これまでにない高いパフォーマンスです。
duetでもっと仕事の効率を高めましょう。
ディスプレイを追加することで、エンジニア、ミュージシャン、デザイナーおよびアーティストの生産性を最大48%も向上させることができます。

アプリの価格

1,900円

アプリの設定方法

(1)アプリをインストールする

(2)公式サイトからノートパソコンにソフトをインストールする(無料)

こちらのDuet Displayのサイトから、Windows・Mac それぞれインストールします。

(3)ノートパソコンとiPad(iPhone)をつなぎます

ソフトを入れたノートパソコンとiPad(iPhone)をライトニングケーブルでつなぎます

(4)iPad(iPhone)のアプリを起動する

数秒で普通につながります。

有線なのでそれほどストレスなく 作業できますね。

12077484_918270958228350_1378888639_n

これから、カフェでの作業にOneMe(ワンミー)の木村さん見習って「ドヤラー」になるぞ!


 


スポンサードリンク
Return Top