スポンサードリンク

ネットショップの商品写真の撮り方「顔出し」「顔なし」 のポイント 

ネットショップの商品写真の撮り方「顔出し」「顔なし」 のポイント 

普段皆さんも、ネットショップで買い物をしていますね。

その際に、アパレル系のネットショップの商品画像では、

前回紹介したような、「平置き」「ハンガー掛け」・「トルソー使用」

「モデル使用」と撮影方法にもいくつかパターンがあります。

トルソーやマネキンなどを使用せず、実際に人間のモデルを

使用して撮影する場合があります。

アパレルの場合、モデルを使用して商品撮影をした方が売れます。

ただ、その際に、

モデルを使用する際には、きちんとショップのコンセプト等を

理解した上で撮影しなければなりません。

ネットショップの売上を左右するため、

商品写真はきちんと撮影してくださいね。

アパレル系の人気ネットショップの場合は、

商品を着用、手にした状態のモデル写真が多いです。

モデル撮影での2つの種類「顔出し」or「顔なし」

その商品写真のモデルの顔や髪型まではっきりと分かるように

撮影された「顔出し」写真と

モデルの顔の口や顎などから上の部分を切り取って

目元など人物を特定できないような、

口元から下だけを使用した「顔なし」写真の2種類に分かれます。

売れるショップは2種類の撮影方法を混在させていません

「顔出し」写真のネットショップの特徴

顔を「意図的」に出している「顔出し」写真のショップの特徴は

比較的、若い層のネットショップが多く

例えば、ギャル向け、安カワ、プチプラのショップです。


ショップ名:ViS/ビス


ショップ名:夢展望


ショップ名:香港マダム

「顔出し」のショップの特徴

安カワ、プチプラ、ギャル向けのような

若い女性向けのショップの特徴について

● 雑誌のようにモデル写真の見せ方をしている

● ショップのターゲット層に合った、モデルを起用している

● ターゲット層であるお客さんが憧れるようなモデルを起用している

● 商品だけでなく、全身のコーディネートを見せている

● 価格帯や比較的に安いショップ

やってはいけない「顔出し」モデル写真

顔を意図的に出す、商品写真の場合は、

そのモデルさんがターゲット層から見ると「憧れる」ような

人物である必要があります。

そのため、プロのモデルが雇えない、

知人にもモデルを引き受けてくれる人がいない

場合に、無理やりスタッフを起用するのはNGです。

スタッフがちょうど、モデルになれるような

ショップのターゲット層やコンセプトと合致した方ならいいのですが

そうでない場合は、逆に売れなくなります。

もし、「CanCam」の雑誌の撮影日に

モデルの蛯原友里さんが体調不良だったからといって

近くにいた40代のスタッフが起用された場合、その雑誌は売れると思いますか?

当たり前の質問なのですが、これがネットショップになると

意外にたくさんのショップがこのようなことをしています。

「顔なし」写真のネットショップの特徴

モデルの顔の口や顎などから上の部分を切り取って

目元など人物を特定できないような写真撮影の方法です。

この口元から下だけを使用した「顔なし」写真撮影をいくつか紹介します。

雑貨もアパレルでも人気のネットショップ「アンジェ」さん


ショップ名:アンジェ

顔をあえて出さない、「顔なし」写真の特徴

モデルの顔の口や顎などから上の部分を切り取って

目元など人物を特定できないような写真撮影の方法です。

この口元から下だけを使用した「顔なし」写真撮影の場合

● モデルを起用していると最初にモデルの「顔」に目がいくのを防ぐ

● 目線が商品自体にいくのでじっくりと見てもらえる

● 目元を出さないことで、商品を見ているお客様がモデルの顔部分を

自分に置き換えて見ることができるため「試着」しているような

見方ができる。

● モデルの年齢=ターゲット層になりがちなのが

目元を隠すことで、広い層にアプローチできる

やってはいけない「顔なし」モデル写真

ギャル向けのアパレルを扱うネットショップさんが

30代後半のスタッフさんが(スタイルもモデル体型でない・・・失礼)

ウイッグをかぶって撮影されている商品写真を見ました。

口元から下を使用していますが、口元や首のしわといった

明らかにギャルでない、体型も少しお肉がついてるため

ギャルにも売れない、かといってそのモデルさんの実際の

年齢層である30代にも売れない商品ページができてしまいます。

フォトショップでかなり加工する(しかし時間も手間もかかりますので)

この場合はモデルではなく、マネキンを使用したほうが絶対に売れます。

「顔出し」と「顔なし」写真撮影のまとめ

比較的若い層にアプローチしたい、商品価格帯も安い場合は

「顔出し」写真撮影方法で。

一つ一つの商品をしっかり見せたい、ターゲット層も広い場合は

「顔なし」写真撮影方法で。

自社のネットショップのターゲット層やコンセプトなどから

モデル起用の場合は、決めてくださいね。


スポンサードリンク
Return Top