起業アイデアのネタ・WEB活用の伊藤みゆきブログ


スポンサードリンク

動画配信サービス紹介(9つ)ネットショップ利用不可あり

動画配信サービス紹介(9つ)ネットショップ利用不可あり

以前の記事で「ネットショップの動画活用・商品動画の7つの事例について

で書ききれなかった、動画を配信する際にどこのサービスを利用すればいいのか、

たくさんある動画配信サービスを紹介しますね。

外部の動画サービスについて

一番有名な動画共有サービスのYou Tube(ユーチューブ)では動画を

アップロードして、埋め込みのタグをサイトに貼ることで

ホームページ内に動画を付けることができます。

今、スマートフォンの普及で誰でも簡単に動画を撮影することができ

インターネットの回線速度も昔に比べて早くなったため

ストレスなく動画を見られる環境になっています。

今後、各サービスの機能も追加されたり改善されると思いますので

今風な人気の動画サービスを紹介します。

外部の動画サービス一覧

You Tube (ユーチューブ)

www.youtube.com/

動画_YouTube

世界最大の動画共有サイト。

2013年12月には全てのユーザーがライブ放送機能を利用できるようになりました。

同じGoogleの「Google+ ハングアウト オンエア」も使用可能。

Vine(ヴァイン)

vine.co/

動画_vine

女子中高生の間で人気。Twitter社傘下のサービスです。

スマートフォン向けアプリで最長6秒の動画を撮影・アップロードすることができ

動画はアプリやサイト上で無限ループ再生される。

パラパラマンガの動画版がイメージしやすいです。

ツイキャス(TwitCasting)

twitcasting.tv/

動画_ツイキャス

スマートフォンで使える無料動画リアル配信サービス。

利用者の半数が24歳以下なのが特徴。芸能人も配信で利用している。

運営会社は日本の会社で株式会社モイ。

配信者に視聴者が架空のお金の「差し入れ」をすることが可能。

FC2動画

video.fc2.com/ja/

動画_YouTube

レンタルサーバ、ブログなどで有名なFC2のサービス。

ライブ配信の「FC2ライブ」。

エロ系動画も配信されている。

コメント付動画サービス「FC2SayMove!」もあります。

ニコニコ動画

www.nicovideo.jp/

動画_ニコニコ動画

動画視聴者がコメントを投稿できる機能が特徴。

2014年10月1日にドワンゴとKADOKAWAが経営統合し、

持ち株会社へ運営が移管されています。

Ustream(ユーストリーム)

www.ustream.tv/

動画_USTREAM

2007年アメリカで産まれた、ライブ動画配信サービスの先駆け的存在。

商用での配信は有料プランに入る必要があり、

9,800 円/月からのシンプルをはじめ、

スタンダード、フルパッケージといった3つのプランがある。

Veoh(ヴィオ)

www.veoh.com/

動画_veoh

2007年よりサービス開始。

2010年4月、経営破たんした動画共有サイトVeoh Networksを、

イスラエルのQlipsoという新興企業が買収。

楽天動画チャンネル

douga.rakuten.ne.jp/

動画_楽天

楽天会員のみ動画を投稿できる。

投稿した動画経由で商品が売れると、その商品の成果報酬が支払われる

楽天アフィリエイト機能付きです。

Vimeo(ヴィメオ)

※ネットショップでは利用できません

vimeo.com/

動画_vimeo

自身で制作したオリジナル作品のみアップロードできる動画共有サイト。

そのため、アーティスティックな作品が集まる。

製品PRのための商用動画の利用は不可。

 


スポンサードリンク
Return Top