スポンサードリンク

サイト制作で使えるテキストエディタを紹介Windows編

サイト制作で使えるテキストエディタを紹介Windows編

昨日、WordPressテーマを作成するセミナーを開催したのですが

WordPressのテーマ作成には、WordPressのテンプレートタグやPHPを記載する上で

テキストエディタが必要です。

メモ帳といったほうが分かりやすいと思いますが、

Windows標準で入っているメモ帳はサイト制作やプログラムには利用できませんので・・・

ひとまず色々あるテキストエディタをまとめてみようと思います

Windows対応のテキストエディタ紹介

まずは、Windowsユーザーにテキストエディタを紹介します。

TeraPad(テラパッド)

無料のテラパッド(Tera Pad)は、私もずっと愛用しています。

シンプルで使いやすく、無料で優れた国産のテキストエディタです。

メルマガを書く場合にも重宝しています。

テラパッドの使い方はこちらにも記載していますので参考まで。

⇒ TeraPad(テラパッド)

Sublime Text(サブライムテキスト)

Sublime Textは最近人気のテキストエディタです。

プラグインとAPIがあって拡張するのに便利で高機能なテキストエディタです。

ユーザーインターフェースがわかりやすくてエンジニアからも人気です。

⇒ Sublime Text

秀丸エディタ(有料です)

秀丸エディタは、昔からあるWindows用の定番中の定番のテキストエディタです。

今回紹介しているテキストエディタの中では有料ですが、利用者も多く、もちろん日本語対応です。

⇒秀丸エディタ

サクラエディタ

サクラエディタは、日本語対応の国産の無料のテキストエディタです。

アウトライン解析や複数のファイルから指定した文字列を探し出すことができたりと、使い勝手のいいエディタです。

⇒ サクラエディタ

Notepad++(ノートパッドプラス)

海外で人気の「Notepad」を日本語化した「Notepad++」です。

以前は私も「Notepad」を使っていました。

タブで表示されたり、コードを折りたたんで表示させることもできるので

複数のファイルを扱う場合にも分かりやすいです。

⇒ Notepad++

 

色々なエディタがありますが

個人的にはメルマガやちょっとしたサイトの修正ならテラパッドで十分かなと思います。

高機能なテキストエディタとしてSublime Textを入れておけばひとまず十分だと思います。

次回はMacのテキストエディタを紹介しますね!

では^^


スポンサードリンク
Return Top