起業アイデアのネタ・WEB活用の伊藤みゆきブログ


スポンサードリンク

婚活ビジネスを始める場合に必要なこと

婚活ビジネスを始める場合に必要なこと

みなさん
こんにちは、伊藤です。

婚活ビジネスでの起業相談がこの2年ほど多く寄せられます。

その中で知っておいて欲しいことをいくつか書かせていただきます。

まずは、婚活ビジネスでの起業資金の準備

どんなビジネスでも、すぐに軌道に乗る可能性が低いです。

しばらくの生活費も必要ですし、起業するには自宅で起業したとしても、

■ コピー機などの様々な事務用品

■ インターネット回線、無線LAN、外で繋げられるようにWi-Fi

■ 名刺やチラシなどの印刷物

■ ホームページ、Facebookページなどソーシャル費用

などは必ず必要です。

今は、創業補助金で使った金額の一部が後からキャッシュバックされて

かえってくるのもあります。

年度ごとにも政権が変わっても内容は異なりますし、

申し込み期限もあり一度調べてみてください。

平成25年度補正予算 創業補助金(創業促進補助金)公募のご案内

■ 創業促進補助金

対象者を決める

■ 地域、エリア、外国人との婚活といった国籍等、お客様の対象のエリアを絞る

■ 年齢 ・・・年齢は決めなくてもいい場合もあると思いますが、

例えば50歳以上、と絞って同年代の方との出会いを支援するといったものです

■ 条件を決める

バツイチ同士や趣味嗜好で絞り込む場合です

■ 職業、業種を絞る・・・お医者さん専門の婚活もありますね

■ 婚活のレベルを決める・・・すぐに結婚から軽く出会いから等婚活に対してのレベルを決めます

■ 媒体を決める・・・リアルに対面なのか、ホームページ上なのか両方なのか

Facebookなどのソーシャルを使うのか、アプリでの提供なのかといったサービスの媒体を決めます

■ サービスをどこで収益化させるのか・・・登録費、月額利用料、成約費、マッチング

無料で提供して広告費なのか、その他どこで収益化させるのかを決めます

■ 類似サイト、サービスを探す・・・例えばエリアに絞っているなら同じようなアイデアでも

場所が異なれば競合しませんので問題ないと思います。

まずは検索したり婚活ビジネスで広告を出しているところをチェックしてください。

Yahoo!の婚活カテゴリー

他社の婚活ビジネスをチェックしてみる

いわゆる有名なところも含め、既存の婚活ビジネスではどのような

申し込みの流れなのか、料金体系なのか、最初にどういったことで

集客して、申し込みにつなげようとしているのか等は

例えばこういうのです まずは軽く診断から入るのですね

本当の自分、知ってる?「婚活EQ診断」はこちら

一度、婚活パーティなら参加してみる、結構相談所なら本申し込みまでは

せずに、手前の無料の資料請求をしてみるといった調査をしてください。

頭の中だけで考えてみても、よりよいアイデアは出てきませんので

既存の婚活ビジネスをヒントにしたり、いいとこ取りをして

みなさんの起業のアイデアにしていただければと思います。

たくさんあって探すにの時間がかかりますので

いくつか最近の広告からピックアップしますね。

結婚相談所

浜を拠点都市、首都圏を中心に成婚を応援している結婚相談所 ルックフォーパートナー

Facebook認証を使ったマッチング恋活アプリでの婚活

Facebookで運命の出会い

Facebookで恋活・婚活【pairs】

街コン

街コンMAP

出会いのサポート!【フィオーレパーティー】

婚活パーティー

カップリングパーティーなら【ホワイトキー】

 

合コン

合コン検索サービス『いつコン!!』

対象別


自衛隊プレミアムクラブ
 男性自衛隊員との出会いと結婚を目的とした会員制クラブ

ぽちゃ婚
ぽっちゃり女性とぽっちゃり好き男性を繋げる。婚活応援サービス

スク婚趣味のスクールで価値観の同じ相手が見つかるスクール型の婚活


スポンサードリンク
Return Top