起業アイデアのネタ・WEB活用の伊藤みゆきブログ


スポンサードリンク

WordPressサイトのメモリ不足でサーバーエラー(さくらインターネット)

WordPressサイトのメモリ不足でサーバーエラー(さくらインターネット)

昨日以前に納品したWordPressサイト(利用サーバーはさくらインターネットです)で

サーバーエラーが出ていました。
発生していたサーバーのエラーメッセージは下記の内容です

サーバーのエラーメッセージ

Fatal error: Allowed memory size of 201326592 bytes exhausted

(tried to allocate 21994609 bytes) in /home/○○○/www/○○○/wp-includes/wp-db.php on line 880

メモリ不足のため、サイトが表示されていませんでした。

このサイトさんは、コンテンツ量が多く、アクセスも1日1万PVくらいのサイトです。

私も今、福岡で出張でしたし、

土曜日なのですぐに対応しなくてもいいとは思いますし

そもそも納品し終わっています(^_^;)

ただ、作ったサイトをもっと活かして欲しいため、

納品後も色々「こうしたほうがいい、ああしたほうがもっといい」等ご連絡していたのですが

担当さんが忙しく対応できないため、来月から弊社でサイトの改善もしていくことになった中でのサーバーエラーの発生ですし

なにより、一度関わると放っておけないタチなため(だから経営者としてはダメなんでしょうね・・・)

ひとまず応急処置として「php.ini 」の 「memory_limit 」の数字を増やしておきました。

さくらさんは元々「memory_limit = 128M」だったと思いますので

最初から多かったのですよね、それを「memory_limit = 192M」にしました。

しかしな~、ほんと応急処置です、メモリ食い過ぎなため

色々しないといけないことがあるな〜と思います。

カスタマイズいっぱいしてプラグインもいくつか入っているため

表示速度が遅くなるWordPressのデメリット部分も出てきてますね。

WordPressサイトの高速化の書籍(VPSサーバー活用)

 


WordPress高速化&スマート運用必携ガイド
一度は目を通しておかないといけないですね。

 

503エラーをなくしWordPressサイトの表示を早くするのが今後の課題

以前も、WordPressの個人レッスンで

WordPressでブログを始めた方が1年も経たない間に人気ブログになり

1日3万~5万アクセスになって、アクセスが増え、レンタルサーバー側で制限がかかってしまい

503エラーがでまくってサイトが真っ白になり ↓こういうのですね。

それでWordPressサイトのサーバー引越しのお手伝いをしました。

503エラー画面

これって、少しもWEBに関わっていたら 「アクセスが集中してて混んでいるんだな」と

見ている側は再度、更新ボタンを押して表示されるのを待ちますが

サイトを見てるお客様は本当の素人さんが多いので

「あれ~サイトが無くなっている」で閉じるボタンを押して帰っていってしまいます。

すごくサイト運営者から見ると怖いことです。

 


スポンサードリンク
Return Top