起業アイデアのネタ・WEB活用の伊藤みゆきブログ


スポンサードリンク

YouTubeが生放送(ライブストリーミング配信)を開始。一般ユーザーも利用可能

YouTubeが生放送(ライブストリーミング配信)を開始。一般ユーザーも利用可能

動画のYouTubeが、USTREAM(ユーストリーム)のように生放送をだれでも利用することができるようになります

私も今準備しているセミナー動画のmiyuki.TV(ちょいネーミングが恥ずかしいですが・・・)

ライブ放送はUSTREAMを利用して、録画したアーカイブ版の動画はYouTubeを使って

ひとまず使い分けて使ってみようと思います。

一般ユーザー向けに生放送(ライブストリーミング配信)を提供開始

いや〜いよいよですね。

以前からウワサはされていましたが、これでインディーズのアーティストやアーティスト

動画を使ったラジオのパーソナリティ、DJ、パフォーマーなどにはとても利用価値があります。

YouTubeの生放送の(ライブストリーミング配信)を利用する条件として

必要な要件は2つです。

  1. YouTubeにアカウントが存在すること(まあ、当たり前ですが…)
  2. そのアカウントが良好な状態であること。つまりきちんと利用され且つ動画の目的がポリシー違反ではないこと

 

以前は特定の選ばれたユーザーのみが利用可能でした

8月にはYouTubeが選んだ特定のチャンネルとYouTubeパートナーだけライブストリーミング配信機能を提供し始め

そして、次にYouTubeは生放送(ライブストリーミング配信)をチャンネル登録している視聴者(サブスクライバー)が

1000人以上いるチャンネル

そして、チャンネル登録している視聴者が100人以上いるチャンネルを用可能として

徐々に利用できる条件のハードルを下げてきていました。

 

そして、いよいよだれでも利用可能に

YouTubeのライブストリーミング配信では、Googleが生放送のデータをサーバー上で

配信するのに最適な生放送向けに変換してくれるので、

利用者は配信する際には、何も気にせずに最高品質の動画で放送しても特に問題ないとのことです。

なので配信者は、特にそういう技術を考えなくても勝手にYouTubeさんがいい感じに放送してくれるということです。

 

様々な機能や広告掲載も可能

YouTubeの生放送では、複数のカメラのマルチカメラ機能や画面上に文字を出すキャプション機能、

配信者が広告収入を得られる広告の貼り付けも可能です。

アクセス数や動画を見ている時間、属性(年齢や性別、見ている地域など)、見ているデバイス(PC,スマホ、タブレットの種類)など

といった配信に特化した解析ツールも利用可能です。

この辺りはGoogleは高機能アクセス解析の「Google Analytics(グーグルアナリティクス)」を持っていて、

視聴者も知らず知らずのうちにGメールアカウントやGoogle+(グーグルプラス)に登録しているため

視聴者の年齢や性別といった今までのアクセス解析では取得しにくかったデータも取ることが可能になったということですね。

 

様々なデバイスで生放送を見ることができます

今は動画をPCの前で座って見ている方の方が少ないではないでしょうか。

視聴者はPCだけでなくスマホ、タブレットといった様々なデバイスからライブストリーミングが視聴可能です。

3G環境やWi-Fiなど見ているインターネットの環境も視聴者ごとに異なるため

YouTube側が視聴者の環境に合った変換をするため高画質で視聴可能です。

YouTubeの広告収入を得ているユーチューバーと呼ばれる人たちも含め

今後、YouTubeのライブ放送を利用して広告収入を得る方も増えていくかもしれませんね。

 

私も今準備しているセミナー動画の一部でYouTubeを利用していきます。

もう半年前だったのでこの情報もわからなかったのと、現状ライブ放送は会員さんのみで

クローズで放送するためUSTREAMを利用しようと思っています。

 

もう少し私のしゃべりがうまくなったら(^_^;)

本当に動画下手くそなんですよね・・・・

セミナーで目の前に人がいると、顔を見ながら、反応を見ながら話せますが

カメラの前だと急に説明口調になって、棒読みになってしまいます(>o<)

早くうまくなって

YouTubeのライフストリーミング配信サービスも利用してみたいですね。


スポンサードリンク
Return Top